テレワークの準備はできてる?最強グッズはこちら!

ポケットwifiを1週間だけレンタルするならどこがおすすめ?

テレワーク
ピヨちゃん
ピヨちゃん

テレワークが始まったこともあり、1週間だけポケットwifiをレンタルしたいな。

1日からレンタルできる会社で1週間の料金を比較したい。

データ容量や通信速度も自分に合ったものを選びたいなぁ。

そんなお悩みに答えます。

本記事でわかること

・1週間だけポケットwifiをレンタルした場合の料金を比較できる

・データ容量、通信速度で自分にあったwifiがわかる

・1週間だけレンタルするならどこがお得かがわかる

【1週間で選ぶ】ポケットwif比較

【wifiの評価基準】

ポケットwifiは使用する用途や目的によって、おすすめが異なります。

1週間だけレンタルするなら、どこのサービスのどのwifiがいいのかについてご紹介していきます。

なお、比較させていただいたのは、「wifiレンタルどっとこむ」「Netage」「カシモバ」「モバイルレンタル」「wifi東京」「LuckyWifi」計6社を比較しています。

今回は、その6社のサービスの中から

・1週間レンタルできてコスパのいいwifi

・1週間レンタルできてデータ通信量が大きいwifi

・1週間レンタルできて通信速度が速いwifi

・1週間レンタルできて一番価格が安いwifi

上記の4点それぞれの観点から、1週間だけポケットwifiをレンタルするならどれが良いのかをご紹介していきます。

結果を一覧でまとめると以下のようになります。

求めるものサービス名wifi機種料金(1日)1週間のトータルコストデータ容量通信速度
コスパwifiレンタルどっとこむSB501HW¥450円¥4,2173GB/日187.5Mbps
データ通信量が多いNetageSB501HW¥480円¥4,46010GB/日187.5Mbps
通信速度が速いwifiレンタルどっとこむWiMaxW06¥550円¥4,91710GB/3日867Mbps
最安値NetageSBFS030W¥370円¥3,6903GB/日150Mbps

それぞれについて詳しくみていきましょう。

1週間レンタルできてコスパのいいwifi

wifiレンタルどっとこむ

Wifiレンタルどっとこむ softbank 501HW

契約期間 1日~

データ通信量 1日3GBまで

送料 1,067円 

料金 450円/日

発送 2営業日以内

通信速度 下り187Mbps

2020年8月現在で1週間レンタルするのであれば、wifiレンタルどっとこむがおすすめです。

1日あたりの料金、送料が他社と比較しても安いながら、データ通信量も1日3GBまで利用することができます。

通信速度も他社が出している一般的なモバイルwifiの通信速度(150Mbps)よりも少し速いので、一般的に使用する上で困ることはないでしょう。

東証一部に上場していること、イメージキャラクターに女優の広瀬アリスを使用していることからも、それなりに安心して申し込むことができるのではないでしょうか。

法人プランも用意しているので、台数が必要な場合も対応できそうです。

ただ注意が必要なのがwifiレンタルどっとこむは長期で申し込むには割高となる点です。

<span class="fz-12px">テレワーカーやしんそん</span>
テレワーカーやしんそん

1週間ほど利用するのであれば、コスパはいいですが、一ヶ月で換算すると¥6,750円/月となりそれほどお得ではありません。

あくまで1週間くらいという短期で利用する方にとってコスパがいい商品ですので、一か月以上利用するという方は、「ポケットwifiを1ヶ月だけレンタルするならどこがお得?【解約金なし10社を比較】」をご参考にどうぞ。

1週間レンタルできてデータ通信量が大きいwifi

netage

Netage softbank 501HW

契約期間 1日~

データ通信量 1日10GBまで

送料 1,100円 

料金 480円/日

通信速度 下り187Mbps

Netageのwifiは先ほどのwifiレンタルどっとこむより同じ機種で1日あたり30円ほど料金が高くなりますが、データ通信量が1日10GBまで使うことが可能です。

1日10GBもあれば実質無制限と言っても過言ではありません。

テレワークなどをしていて、1日3GBだと不安だという方はこちらのwifiがおすすめです。

<span class="fz-14px"><span class="fz-12px">テレワーカーやしんそん</span></span>
テレワーカーやしんそん

私は在宅勤務では、1台のパソコンで3GBほど利用しているので、1日3GBの制限があると正直ギリギリです。

テレワークで必要なデータ通信量については「テレワークはテザリングで乗り切れるのか?必要なデータ通信量を解説!」の記事で解説しているので、ご参考にどうぞ。

普通に利用する人であれば、正直3GBあれば十分にネットを楽しむことができるので、同じ機種で料金が安いwifiレンタルどっとこむを利用した方がいいでしょう。

とはいえ、1日あたり30円しか変わらないので、「それよりもデータ通信量を気にしたくない」という方はNetAgeを利用した方がいいかもしれません。

1週間レンタルできて通信速度が速いwifi

wifiレンタルどっとこむ

Wifiレンタルどっとこむ WiMaxW06

契約期間 1日~

データ通信量 10GB/3日

送料 1,067円

料金 5,50円/日

最大通信速度 867Mbps

ポケットwifiの速度はwifiの機種に依存します。

にも関わらず、多くのwifiレンタル会社は料金を安く抑えるために、機種の代金も安価なものを利用していたり、特定の機種しか利用できないようになっています。

一方、Wifiレンタルどっとこむは14台もの機種の中から選ぶことができるので、用途に合わせて選ぶことが可能です。

そのwifiレンタルどっとこむが提供している機種の中でも、料金を抑えながら高速でwifiを利用することができる機種がWiMaxW06です。

WiMaxW06の優れている点は、一般的なモバイルwifiの機種の通信速度(下り)が150Mbpsなのに対し、WiMaxW06はその5.8倍の867Mbpsで通信できるのです。

初心者<br>ピヨちゃん
初心者
ピヨちゃん

867Mbpsって固定回線(1Gbps)とほとんど変わらないやん!!すごい!

このwifiが1日あたり100円プラスすれば利用できるので、仕事や旅行などでサクサクwifiを利用したい人はこちらの機種を選択した方がいいでしょう。

1週間レンタルできて料金が安いwifi

Netage

Netage Softbank FS030W

契約期間 1日~

データ通信量 3GB/日

送料 1,100円

料金 370円/日

最大通信速度 150Mbps

今回調査した6社のwifiレンタルサービスの中で最も格安だったのが、NetageのSoftbankFS030Wという機種です。

今回紹介したwifiの中では通信速度こそ他の機種に劣るものの、料金が1日あたり370円と他社サービスより大幅に安い値段で提供しています。

7日間の利用で、送料と合わせて、¥3,690円という破格です。

データ通信量も1日あたり3GBまで使えるので、データ通信量で困ることもほとんどないはずです。

まとめ

以上、1週間だけレンタルするならどこのwifiがいいのかについてまとめてみました。

一覧でまとめると、以下のようになります。

求めるものサービス名wifi機種料金(1日)1週間のトータルコストデータ容量通信速度
コスパwifiレンタルどっとこむSB501HW¥450円¥4,2173GB/日187.5Mbps
データ通信量が多いNetageSB501HW¥480円¥4,46010GB/日187.5Mbps
通信速度が速いwifiレンタルどっとこむWiMaxW06¥550円¥4,91710GB/3日867Mbps
最安値NetageSBFS030W¥370円¥3,6903GB/日150Mbps

1週間だけ利用するwifi選びの参考に役立てていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました