テレワークの準備はできてる?最強グッズはこちら!

テレワークが引き起こす「運動不足」の怖い話。放っておいた人が行き着く末路とは。

健康
初心者<br>ピヨちゃん
初心者
ピヨちゃん

テレワークになって、運動する機会が減ったなぁ。

運動不足を解消しないと!って思うけど、何も行動できてないや。

このまま放っておくとどうなるの?

そんな疑問に答えます。

本記事の内容

・運動不足が心や体に及ぼす影響

・テレワークの生産性を高める運動の効果

・運動不足を解消させるポイント

上記の内容について解説していきます。

運動不足が引き起こす心身の不調や、運動不足解消のためのポイントをみていきましょう。

運動不足が心や体に及ぼす影響

運動不足が健康に与える影響

テレワークになり、運動不足を解消しなければ!と思っている方は多くいらっしゃるかもしれません。

しかし、具体的に運動不足になりどのような悪影響があるのかまで理解している人は少ないのではないでしょうか。

まずは運動不足により、どのような面で健康に影響があるのかをみていきましょう。

肥満

運動には脂肪燃焼効果やカロリー消費効果があります。そのため、健康的な体型を維持するためには運動が欠かせません。

特に、30代以降は加齢に伴い基礎代謝が低下するため、体を動かして代謝を促すことが必要になります。

また、肥満は糖尿病や高血圧、心血管疾患などの生活習慣病を発症するリスクが高いため改善する必要があります。

うつ病をはじめとする精神疾患

運動不足は体に影響を与えるだけでなく、精神面にも悪影響を与えます。

自律神経系の働きを阻害されるとホルモンバランスが乱れ気持ちが不安定になる傾向があります。

運動がうつ病と関係があることが海外の研究からも分かっています。

うつ病を発症するリスクが遺伝的に高くても、運動することで予防効果が得られる可能性があることが、米マサチューセッツ総合病院精神科および米ハーバード大学T.H.チャン公衆衛生大学院に所属するKarmel Choi氏らの研究から明らかになった。週4時間の運動で、新たにうつ病を発症するリスクは17%低下することが分かったという。

https://www.carenet.com/news/general/hdn/49071

死亡率の増加

台湾国立衛生研究所による41万人を8年間追跡した研究によると、1日15分の運動で死亡率が14%低下していることがわかっています。

また、平均余命が1002日、約3年延びるという結果も出ています。

つまり、運動をしないことで死亡率が増加するということがデータで分かっているのです。

1日15分運動するだけで、3年も寿命がのびるのであれば、ものすごい投資効率になります。

初心者<br>ピヨちゃん
初心者
ピヨちゃん

運動する時間がないとか言ってる場合じゃないね。

仕事の効率の低下

テレワークでは会議などでも移動が生じないため、長時間同じ姿勢でい続けることが多いです。

すると、筋肉が固まり、血行が悪化していきます。

その結果として、肩や足腰の痛みが生じたり、ストレスにより集中力が続かなかったりして、仕事の効率が悪くなる傾向にあります。

定期的に筋肉を動かして、血行を良くしていきましょう。

テレワークの生産性を高める運動の効果

運動がテレワークの生産性を高める

運動をすると、健康にいいということは多くの人がイメージできると思いますが、テレワークをしている人にとってはどんなメリットがあるのでしょうか。

運動が脳に対して素晴らしい効果を発揮することは多くの研究から明らかになっているので、その効果についてみていきましょう。

脳を強化し、疲れにくくする

UCLAの研究チームは「運動習慣が脳の働きそのものや脳容積を維持・改善する効果がある」と発表しています。

運動直後から学習機能がアップする

ジョージア大学で行われた研究によると、20分の軽い運動をした後の3~4時間は認知能力、集中力、考察力が高まることがわかっています。

頭が良くなる

運動する人と運動しない人を比べると、長期記憶、推論、注意、問題解決、流動性知能の課題について、運動する人の方が成績が上がった。

やる気が高まる

運動をすると、モチベーション物質であるドーパミンが分泌されます。

継続的な運動により、ドーパミンニューロン同士のつながりが強まりさらにやる気がアップします。

以上の結論をまとめると、運動によって仕事をする上で必要な学習機能、記憶力、モチベーションがアップします。

テレワーカーやしんそん
テレワーカーやしんそん

運動はテレワークのリフレッシュとして有効なだけでなく、仕事そのものの生産性を高めます!

運動不足を解消させるポイント

運動不足解消のポイント

「運動不足」を解消するにあたってのポイントは、人によって適切な運動量は異なるということを理解しておくことです。

特に、長期間にわたって運動不足だった場合は、軽めのエクササイズや散歩などから少しずつ負荷を上げていく必要があります。

テレワーカーやしんそん
テレワーカーやしんそん

いきなりハードな運動をすると、筋肉痛やケガを引き起こし、継続した運動をすることができなくなってしまうので注意が必要です。

これから運動を始めるという方は、次の運動量を目安に、無理なく取り組めるボリュームに調整しましょう。疲れすぎず、軽く汗ばむ程度が◎。

・今までより1,000歩多く歩いてみる。

・1回30分の運動に週2~3回取り組む

・ストレス解消が目的なら、1日15分のエクササイズを毎日継続

まとめ

以上、運動不足が引き起こす問題と、テレワークする人にとって運動が生産性を高める根拠について解説してきました。

在宅勤務をしていると、家にこもりがちになってしまいます。

まずは運動の習慣をつけるためにも、散歩など軽い運動から取り組んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました