テレワークの準備はできてる?最強グッズはこちら!

「めぐリズム蒸気の温熱シート」と「温湿布」肩こりを改善するのはどっち?

健康
<span class="fz-12px">肩こりに悩むピヨちゃん</span>
肩こりに悩むピヨちゃん

「長引く肩こりをなんとかして治したい。
長引く肩こりには温めるのがいいと聞いたけど、めぐリズムの蒸気の温熱シートって効果あるの?めぐリズムの温熱シートと温湿布の違いって何?」

そういった疑問にお答えします。

両方を使ってみた、結論から言うと、

どちらも肩こりの解消を実感できた。

じんわり効くのがめぐリズム、スーッと効くのが温湿布

つけ心地で選ぶならめぐリズム、価格で選ぶなら温湿布

詳しくみていきましょう。

めぐリズム蒸気の温熱シートと温湿布の大きな違いとは

めぐリズム蒸気の温熱シートと温湿布の大きな違い

温湿布は医薬品であるのに対し、めぐリズム蒸気の温熱シートは医療機器であると言う点が大きな違いです。

温湿布には肩こりの痛みに直接作用する成分(インドメタシン)が入っています。

しかし、めぐリズム蒸気の温熱シートにはそういった成分は入っていません。

実際にめぐリズムの成分を見てみると、鉄粉としか書かれていません。

これは言ってみれば、「カイロ」と同じような成分になります。

<span class="fz-12px">肩こりに悩むピヨちゃん</span>
肩こりに悩むピヨちゃん

じゃあ、めぐリズムはどうやって肩こりを解消するの?

肩こりの原因のひとつは血行不良によるものだと言われています。

長時間同じ姿勢でいたり、体に緊張状態が続くことで、血管が収縮し、血行が悪くなります。

その結果、痛みやこりの元が、患部にたまってしまうのです。

めぐリズムの温熱シートは、その患部を温めることで、血行を促進し、痛みやこりのもとを流しやすくして、症状を軽減しようとするのが特徴になります。

つまり、それぞれの違いは、

温湿布は皮膚から肩こりの痛みに効く成分を浸透させる

めぐリズム蒸気の温熱シートは、患部を温めて血行を改善させることで、肩こりを解消させる

という点になります。

めぐリズムの蒸気の温熱シートのメリット

めぐリズム蒸気の温熱シートを使いメリットを実感してる人

気持ちいいつけ心地

<span class="fz-12px">肩こりに悩むピヨちゃん</span>
肩こりに悩むピヨちゃん

湿布は貼ったはいいんだけど、スーッとするのが効きすぎるんだよなぁ。。。痛すぎるからすぐはがしちゃうんだよね。

そんなふうに感じている方も多いはずです。

しかし、めぐリズム蒸気の温熱シートであれば、気持ちいいくらいの温度感でじんわり温めてくれるので、そういった不快感を感じることはありません。

やしんそん
やしんそん

また湿布と違い特有のニオイもないので、外出をする時にも気になりませんよ。

肌にやさしい

私自身、生まれつき皮膚が弱く、湿布などを貼ると、かぶれて痒くなってしまうことが今までに何度かありました。

しかし、めぐリズムは肌に負担が少ない粘着剤を使用してくれているので、肌が弱い私でも、今まで痒くなったことはありません。

また、粘着面積も、貼るカイロのように全面に粘着シールがあるのではなく、端っこだけ粘着シールがあるようになっています。

<span class="fz-12px">肩こりに悩むピヨちゃん</span>
肩こりに悩むピヨちゃん

粘着面積が小さく、肌に優しい粘着剤を使っているのは、肌が弱い人の強い味方だね!

めぐリズムの蒸気の温熱シートのデメリット

めぐリズム蒸気の温熱シートのデメリット

就寝時には使えない。

めぐリズムの温熱シートは就寝時には使うことができません。

理由は、就寝時に使用すると、低温やけどになる恐れがあるからです。

やしんそん
やしんそん

低温やけどとは、カイロや湯たんぽのような体温より少し高い温度(44~50℃)のものに長時間触れ続けることにより起こるやけどのことだよ。

起きている時であれば、あついと感じたら外すこともできますが、寝ている時はそういうわけにもいきません。

この点に関しては、寝れる時にも貼れる湿布と比べると劣るかなという印象です。

温湿布より1枚あたりの値段は高い

「めぐリズム蒸気の温熱シート」と「サロンパスEX温感」をAMAZONで値段を比較してみると、

めぐリズム蒸気の温熱シート16枚入り1082円1枚あたり68円
サロンパスEX 温感40枚入り1399円1枚あたり35円
(2020年5月調べ)

でした。

商品自体の値段はめぐリズムの方が安いですが、1枚あたりで比較すると、サロンパスEX温感の方が安い結果となりました。

1回あたり33円ほど多く払って、温湿布にはない気持ち良さをとるかどうかという点が1つの選ぶ基準になりそうですね。

やしんそん
やしんそん

1枚あたりの値段は倍近くしますが、それほど大きな金額でもないので、ぜひ1回はめぐリズムの気持ち良さを試して欲しいです。

めぐリズム蒸気の温熱シートと温湿布を両方使ってみた感想

温湿布とめぐリズムを使ってみた感想

まず、効果についてですが、両方を使ってみた結果、どちらも使う前と比べて、肩こりは解消されたように感じます。

使ってみて違ったなぁと思う点は、「効き方」ですね。

温湿布は、スーって効いてきて、アツいくらいに効くような感じでした。

つけた瞬間から、「あ、肩こりに効いてるなぁ」というのが実感できました。
(痛いくらいに効いてる感ありましたw)

一方、めぐリズムは、じんわりほぐしてくれる感じでした。

つけている間は「お、気持ちいいやん」みたいな感じだったのですが、気づいたら肩こりが改善していたみたいな感じです。

やしんそん
やしんそん

例えるなら、温湿布がタイ式のゴリゴリツボを押してくれるマッサージであるのに対し、めぐリズムは気持ちよーくしてくれるマッサージみたいな感じです。

結論、どっちで肩こり改善すべき?

結局どっちで肩こりを改善すべき?

つけ心地で選ぶなら「めぐリズム蒸気の温熱シート」

価格で選ぶなら「温湿布」

昼つけるなら「めぐリズム蒸気の温熱シート」

夜寝る時つけるなら「温湿布」

という形になるかと思います。

まだ、めぐリズムの蒸気温熱シートの気持ち良さを試したことのない方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

じーんと効いてくるのがいい感じですよ。

この記事を読んだ方は下記の記事もおすすめです。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました